profile


  杜哲也/もりてつや

1961年、東京生まれ東京育ち。
中学時代にロックのレコードやラジオの深夜放送などを聴き多大な影響を受け、高校からはベースを弾いてバンド活動を始める。
卒業後は鈴木淳氏にベースを師事し、キャバレーや米軍基地などで10数年にわたりプロ活動をした。
この頃並行して、クラシックの作曲法を池田一秀氏に師事。
1990年頃からはピアニストに転向し、バーやレストランなどで演奏する一方、各種の楽団、合唱団、学校、出版社、劇団などに向けて、作曲や編曲の仕事をこなすようになる。
(worksページもご参照ください。)

アマチュア・オーケストラ「フィルモア合奏団」の創立者で、初代指揮者を務めた後、音楽監督を経て現在は総合監督。
バイオリンとベースを従えた「ラピス・トリオ」では、1996年の結成以来、様々な人気曲を独特のアレンジでお届けしている。
また、言葉こそ音楽の原点という思いから、長年に渡り多くのボーカル作品を書き続けており、朗読とのコラボレーション企画「そらのおと」では、物語に歌を絡ませたステージを展開中。
荻窪の音楽スタジオ「クレモニア」では、1993年以来代表を務め、地域社会での音楽普及に力を注ぐと共に数多くの後進を育成している。